内祝い・お祝い&普段使いのお米・玄米なら、暮らしと自然を豊かにするKITAKAMAKURASEIMAIJYO


■営業時間
平日 10:00-12:00 13:00-17:00
■休業日
土・日曜日、祝日

▶詳細

KITAKAMAKURASEIMAIJYO KITAKAMA88.LLC 994-10,YAMANOUCHI KAMAKURA-CITY,KANAGAWA,047-0062 JAPAN

合同会社 KITAKAMA88会社概要


北鎌倉にある、内祝い・お祝いのお米
マクロビオティック用の玄米
普段使いのお米屋さん
北鎌倉精米所(整米所)

ブログ内検索

かわいい&簡単アイテムで、あっという間にハロウィンごはん!

もうすぐ10月も終わり。

我が家は長女の誕生日を終えて、ハロウィン、クリスマスへと楽しみが動き出しています。

まだ時間の概念が曖昧な4歳の次女は、未来の出来事までの月日を「あと○回寝たら」に置き換えてイメージをするので

 

「クリスマスまであと何回寝たら?」

「えーと、76回かな」

「うわー!多い!!」

 

「一回寝たからクリスマスまで75回だよね」

「(そうだったかな?)うん、そうだね」

 

という、ちょっと面倒なやり取りが日々繰り返されています。笑

 

さて、もうすぐハロウィン!

子供たちはかわいい仮装をして「Trick or Treat」の合言葉と引き換えに、沢山のお菓子を受け取るのを楽しみしているでしょう。

 

そして、ごはんやお弁当もハロウィンらしく、できれば簡単に!と考えている方も多いのではないでしょうか。

 

とういわけで、今日は簡単にごはんやお弁当がハロウィン仕様になる小さなアイテム作りのご紹介です。

 

 

まずは、お弁当用にジャックオランタンウインナー。

 

 

赤ウインナーを用意します。

 

ウインナーの長さの半分くらいまで縦に切り込みを5〜6本入れます。

 

フライパンで軽くソテーをしたら、海苔で目、鼻、口をつけたら出来上がり!

 

かわいいピックを刺してもいいですね。

上下にジャックをランタンを作って、半分にカットした後に、縦に2つピックに刺すのもかわいいです。

 

どこから顔を出させようかな〜と考えるのもワクワクします!

 

 

 

 

さて、次はモッツァレラチーズのおばけです。

一口サイズのモッツァレラチーズを用意します。

 

座りのいい形のものを選んで、手になる部分に切り込みを入れます。

 

海苔で目と口をつけます。

 

ほっぺにケチャップをちょんと箸先などでつけてあげると可愛さアップです。

 

そして、熱々のトマトソースやデミグラスソース、パスタなどにトッピング!

我が家はオムライスにトマトソースをたっぷりとかけて、そこにおばけのモッツァレラチーズを飾りました。

 

とろ〜んと溶けていく姿がこれまたかわいいのです!

 

 

ミニモッツァレラチーズ、我が家では度々煮込み料理などにトッピングするのですが、おばけ以外にあざらしちゃんにすることも。

これも子供たちが大喜びするアイテムです。

 

 

これならハロウィンパーティーで楽しんできた後でも簡単にハロウィンごはんが作れますね。

今年のハロウィン、かわいく美味しいく簡単に楽しんでください!

 

 

 

* written by midori