内祝い・お祝い&普段使いのお米・玄米なら、暮らしと自然を豊かにするKITAKAMAKURASEIMAIJYO



■営業時間
平日 10:00-12:00 13:00-17:00
■休業日
土・日曜日、祝日

▶詳細

KITAKAMAKURASEIMAIJYO KITAKAMA88.LLC 994-10,YAMANOUCHI KAMAKURA-CITY,KANAGAWA,047-0062 JAPAN

合同会社 KITAKAMA88会社概要


北鎌倉にある、内祝い・お祝いのお米
マクロビオティック用の玄米
普段使いのお米屋さん
北鎌倉精米所(整米所)

ブログ内検索

「フレンチ×普段ごはん」vol.21 お手軽リゾットでおもてなしごはん

こんにちは。
「フランス家庭料理教室アン・プチ・プ」の神崎則子です。

いよいよ師走。一年で最も気ぜわしい季節になりました。

今月のテーマは、「お手軽リゾットでおもてなしごはん」

簡単なリゾットレシピのレパートリーを広げて、あわただしい年末年始に備えましょう。

お鍋ひとつでスピーディに炊けるリゾットは、我が家の普段ごはん&おもてなしごはんの定番です。

味のバリエーションは無限大。冷蔵庫の残り野菜で日々のごはんにも、旬の食材でおもてなしにも、いろんなシーンで活躍してくれます。

また、1〜2人分だとあまり上手く炊けない白ごはんとは違い、リゾットはごく少量のお米でもおいしく出来上がるのが嬉しいところです。
炊飯器のスイッチをうっかり入れ忘れた時にも、リゾットならたった10分ほどで炊き上がるのでマスターしておくと安心ですね。

生米から炊くリゾットは、ほんの少し歯ごたえがあるくらいの“アルデンテ”に仕上げるのが理想なので、作り置きはNG。
食べる分だけ作って欲しい から、今回のレシピはお米一合分になっています。

それでは、私風リゾットの作り方。化学調味料を使わない無添加レシピをご紹介します。

【基本のチーズリゾット】
(材料) 2〜3人分
・ 米 1合(180cc)
・ 玉ねぎ 1/4個
・ 熱湯 約500cc
・ 昆布 7mm角切り 5枚
・ 粉チーズ 大さじ1
・ 塩、こしょう、EX.V.オリーブオイル 適量
※ 以下はお好みで
・ ブルーチーズ
・ くるみ
・ ピンクペッパー、ハーブ

(作り方)
米を研ぎ、ザルに広げて水気を充分に切る。玉ねぎはみじん切りにする。昆布は少量の水に浸しておく。

鍋にEX.V.オリーブオイルを熱し、中火で玉ねぎを軽く炒め、さらに米を加えて鍋底に米が貼り付くまでよく炒める。

熱湯約200ccと昆布を加え、塩・こしょうで味をととのえ、中火で10〜11分、時々ヘラで混ぜながら煮る。途中、水分が少なくなったら適量の熱湯を足す。

米がアルデンテの状態(ほんの少し芯が残る程度)で火から外し、粉チーズを加えて最小限に混ぜる。

器に盛り付け、お好みでブルーチーズをトッピングして出来上がり。砕いたくるみ・ピンクペッパー・ハーブを飾れば見ためも味わいもグレードアップします。

リゾットをベタつかせずに上手に仕上げるコツは、決して混ぜすぎないこと。常にヘラでぐるぐる混ぜ続けるとお米が煮崩れて糊状になり、ベタッとした仕上がりになってしまいます。
鍋底にお米がこびりついていないかを、ヘラを使って時々チェックする程度にして、混ぜるのはあくまでも最小限にしてくださいね。


次は、具材のバリエーション。
シンプルなリゾットをマスターしたら、旬野菜・魚介類・肉類を加えたものにも挑戦してみましょう。具だくさんのリゾットは、これひと皿で立派なランチになります。

【海老としらす、かぼちゃのリゾット】

ベースの材料と作り方は、基本のチーズリゾットと同じです。
鍋にEX.V.オリーブオイルを熱して海老をさっと炒め、いったん取り出します。同じ鍋にオイルを足し、玉ねぎと米を炒め、基本のチーズリゾットと同様に作ります。1cm角に切った南瓜は煮崩れないように途中で加え、仕上げに炒めた海老、しらすを加え、お好みのチーズをトッピングして完成です。


【鶏肉とごぼうのリゾット】

こちらもベースの材料と作り方は、基本のチーズリゾットと同じ。
鍋にEX.V.オリーブオイルを熱して一口大に切った鶏肉を皮目からこんがり焼き、いったん取り出します。同じ鍋にオイルを足し、斜め切りにしたごぼう、玉ねぎ、米を炒め、基本のチーズリゾットと同様に作ります。仕上げに鶏肉を加えて完全に火を通し、隠し味として少量の醤油を加えて完成です。


最後に、クリスマスパーティに喜ばれる、カラフルで可愛いミニリゾットをご紹介します。
【クリスマスカラーのミニリゾット】

トマトとハーブ、2色のカラフルリゾット。ベースの材料と作り方は、基本のチーズリゾットと同じです。

・ 赤のリゾット:鍋にEX.V.オリーブオイルを熱して玉ねぎと米を炒め、ホールトマト(米一合に対して約80cc)を加えてひと煮立ちさせたのち、熱湯を加え、基本のチーズリゾットと同様に作ります。小皿に盛り付け、粉チーズとハーブを飾ります。

・ 緑のリゾット:基本のチーズリゾットと同様に作り、仕上げにみじん切りにしたハーブ(バジル、大葉など。小松菜などの葉物野菜でもOK)を加えて完成。小皿に盛り付け、松の実をトッピングします。

このレシピなら、クリスマスだからといって特別な食材を用意しなくても大丈夫。
2色のリゾットを豆皿に入れてトレイに並べれば、パーティの〆を飾る素敵な一口ごはんになりますよ。

リゾットに最適なお米の品種は、あっさりした味わいの 「さわのはな」 「亀の尾」 「ササニシキ」。
粘りが少ないので、ベタつかずにおいしいリゾットに仕上がります。

なにかと忙しいこの時期、スピーディに作れる美味しいリゾットで元気いっぱいに乗り切りましょう。