内祝い・お祝い&普段使いのお米・玄米なら、暮らしと自然を豊かにするKITAKAMAKURASEIMAIJYO



■営業時間
平日 10:00-12:00 13:00-17:00
■休業日
土・日曜日、祝日

▶詳細

KITAKAMAKURASEIMAIJYO KITAKAMA88.LLC 994-10,YAMANOUCHI KAMAKURA-CITY,KANAGAWA,047-0062 JAPAN

合同会社 KITAKAMA88会社概要


北鎌倉にある、内祝い・お祝いのお米
マクロビオティック用の玄米
普段使いのお米屋さん
北鎌倉精米所(整米所)

ブログ内検索

「フレンチ×普段ごはん」vol.31 さくさく&もちもち大豆でヘルシーごはん

こんにちは。
「フランス家庭料理教室アン・プチ・プ」の神崎則子です。

過ごしやすい季節になりました。食欲の秋・実りの秋の到来です。

今回のテーマは「さくさく&もちもち大豆でヘルシーごはん」

大豆は“畑の肉”と呼ばれるほど栄養豊富なのに低カロリー。

日本の伝統食、みそ・醤油・豆腐などの原料でもあり、私たちの食卓に欠かせないものです。

そんな大豆のヘルシーごはんなら、食欲の秋でも安心してモリモリ食べられますね。

今月は、乾燥した大豆から手作りする “さくさく炒り大豆&もちもち蒸し大豆” 2種類をご紹介します。
大豆は甘みの強い国産が断然おすすめです。


それでは、 “さくさく炒り大豆&もちもち蒸し大豆” の作り方。
どちらも、乾燥大豆を水でふっくらと戻す下準備が必要です。

【大豆の下準備〜さくさく炒り大豆&もちもち蒸し大豆ともに共通】

大豆はさっと水洗いし、たっぷりの水で一晩浸水させます。夏の時期以外は常温でOK。

大豆が2倍ほどにふくらんだら、ザルにあげて水気を切ります。これで下準備が完了。


では最初に、スナック菓子感覚でパクパク食べられる“さくさく炒り大豆”の作り方をご紹介します。

【さくさく炒り大豆の作り方】

大豆(下準備ずみ)をザルに広げて1〜2時間ほど乾燥させます。表皮が乾けばOK。

オーブン角皿に広げ、170℃に予熱したオーブンで40〜50分、表面に淡い焼き色がつくまで焼成。冷めたら密閉容器で保存します。

そのまま食べても美味ですが、料理素材としても優秀。 私のイチオシは、下記の“炒り大豆ごはん”です。

【さくさく炒り大豆ごはん】

[作り方]
米2合を研いで鍋に入れ、水400cc、醤油・酒・みりん各小さじ2杯、塩少々を加え、さくさく炒り大豆1/2カップ、昆布ひと切れをのせ、蓋をして強火にかけます。 沸騰したら弱火で12分炊き、そのまま10分ほど蒸らして出来上がり。

醤油入りなので、香ばしいお焦げも出来ます。

大葉やごま塩、桜海老など、お好みの薬味を添えても美味。

ごはんと一緒に炊き込んだ炒り大豆は、柔らかいのに適度な歯ごたえが残って絶妙な食感。
ここでは鍋を使いましたが、炊飯器でも同分量で炊けます。ぜひお試し下さい。


次は、あらゆる料理に使える、甘くてやわらかい“もちもち蒸し大豆”の作り方をご紹介します。

【もちもち蒸し大豆の作り方】

圧力鍋に約2cmの深さまで水を注ぎ、蒸し台に入れた大豆(下準備ずみ)をセットし、蒸気が上がったら弱火で5分加熱し、火を止めてそのまま約10分蒸らします。

手でラクにつぶせるほど柔らかく蒸し上がれば完成。冷蔵庫で3〜4日ほど日持ちします。

この“もちもち蒸し大豆”は、オリーブ油と醤油に漬ければ絶品のご飯の友になります。


【もちもち蒸し大豆のオリーブ油&醤油漬け】

[作り方]
もちもち蒸し大豆1カップ、EX.V.オリーブオイル大さじ4杯、醤油大さじ2杯を、フタ付きのビンに入れてよく振り混ぜ、冷蔵庫で保存します。翌日から食べごろ。

なお、EX.V.オリーブオイルは冷蔵庫(5℃以下)で保存すると白く固まる特性がありますが、常温にすれば元の液状に戻ります。

大豆の中まで醤油味がしっかりしみて、ご飯の友に最高。

あつあつのご飯に、漬け汁ごとたっぷりかけて召し上がってみて下さい。おにぎりの具にも合いますよ。


もちもち蒸し大豆は味にクセがないのであらゆる料理に使えます。 サラダやハンバーグなどの洋風料理にもぜひご活用ください。


“さくさく炒り大豆&もちもち蒸し大豆” と相性の良いお米の品種は、もっちり食感の「ミルキークイーン」、「おぼろづき」、「ゆめごこち」。

もっちりと粘りの強いお米が、大豆の粒々にしっかり絡んで食べやすいです。

食欲の秋、おいしいごはんのお供にヘルシーな大豆をたっぷりいただきましょう。