内祝い・お祝い&普段使いのお米・玄米なら、暮らしと自然を豊かにするKITAKAMAKURASEIMAIJYO



■営業時間
平日 10:00-12:00 13:00-17:00
■休業日
土・日曜日、祝日

▶詳細

KITAKAMAKURASEIMAIJYO KITAKAMA88.LLC 994-10,YAMANOUCHI KAMAKURA-CITY,KANAGAWA,047-0062 JAPAN

合同会社 KITAKAMA88会社概要


北鎌倉にある、内祝い・お祝いのお米
マクロビオティック用の玄米
普段使いのお米屋さん
北鎌倉精米所(整米所)

ブログ内検索

「フレンチ×普段ごはん」vol.44 簡単ビーフストロガノフでクリスマスごはん

こんにちは。
「フランス家庭料理教室アン・プチ・プ」の神崎則子です。

今月のテーマは「簡単ビーフストロガノフでクリスマスごはん」。

クリスマスや年末年始が近づくと、おもてなしの機会も増えることと思います。
そこで、何かと忙しいこの時期に役立つ、身近な材料でさっと作れるおもてなしごはんをご提案します。

今回ご紹介するのは、私のオリジナルレシピの簡単ビーフストロガノフ。

隠し味に味噌を加えることで、白ごはんとの相性抜群。
どなたにお出ししても喜ばれ、私が主宰する料理教室でも大人気のメニューです。

基本のビーフストロガノフは、バターやデミグラスソースを使ったり、仕上げにサワークリームや生クリームを加えたりしますが、ここではこうした食材は一切不要。

どこのお宅にもある調味料を使い、調理はフライパンひとつでOK。
思いたったらすぐに作れるヘルシーなごちそうレシピです。

それでは、さっそく作り方をご紹介します。

【簡単ビーフストロガノフ】
(材 料) 4人分
ステーキ用牛肉(切落しでもOK) 200g
玉ねぎ 1/2個
しめじ 1パック
赤ワイン 100cc
★砂糖 大さじ1
★トマト水煮缶 150g
★中濃ソース 大さじ2
★味噌 大さじ1/2
★水 150cc
★米粉 大さじ1
無調整豆乳 100cc
プレーンヨーグルト(あれば) 適量
パプリカパウダー(あれば) 少々
塩、こしょう、EX.Vオリーブオイル
ごはん 適量

(作り方)
1.牛肉は1cm幅に切り塩・こしょうする。玉ねぎは2〜3mm幅の薄切り、しめじは小房にほぐす。

2.フライパンにEX.Vオリーブオイルを熱し、強めの火で1の牛肉をさっと炒め、いったん取り出す。

3.2のフライパンに、玉ねぎ・しめじを加え、中火でしんなりするまで炒めたら赤ワインを加え、強火で煮詰める。

4.3に★を加え、弱めの中火で7〜8分ほど煮たら、倍量の水で溶いた米粉を加え、ヘラで混ぜながら2〜3分煮る。

5.4に1の牛肉と無調整豆乳を加え、ひと煮立ちさせたら完成。

6.ごはんとともに皿に盛り付け、あればパプリカパウダーを振り、少量のプレーンヨーグルトをまわしかける。

このレシピの特徴は、水溶きの米粉でとろみをつけること(作り方4)。
小麦粉や片栗粉よりもダマになりにくく、なめらかな食感に仕上がります。

ビーフストロガノフにそえるごはんは、白ごはんでも充分美味ですが、写真ではパセリのみじん切りを混ぜています。

また、炊く前に少量のターメリックパウダーを加えて鮮やかな黄色のごはんにすると食卓が華やかになり、おもてなしにもお勧めです。

ごはんはプリン型で抜いて盛り付けるとごちそう感がアップします。

クリスマスディナーにはごはんをドーナッツ型で抜いてリース風に。

ココット型に盛り付けてひとくちサイズに。ホームパーティの〆のごはんにおすすめです。

身近な材料で簡単・スピーディに作れるビーフストロガノフ、クリスマスや年末年始のおもてなしにぜひご活用下さい。