内祝い・お祝い&普段使いのお米・玄米なら、暮らしと自然を豊かにするKITAKAMAKURASEIMAIJYO



■営業時間
平日 10:00-12:00 13:00-17:00
■休業日
土・日曜日、祝日

▶詳細

KITAKAMAKURASEIMAIJYO KITAKAMA88.LLC 994-10,YAMANOUCHI KAMAKURA-CITY,KANAGAWA,047-0062 JAPAN

合同会社 KITAKAMA88会社概要


北鎌倉にある、内祝い・お祝いのお米
マクロビオティック用の玄米
普段使いのお米屋さん
北鎌倉精米所(整米所)

ブログ内検索

「フレンチ×普段ごはん」vol.46 免疫力アップ!酒粕と米粉の温かいおやつ

こんにちは。
「フランス家庭料理教室アン・プチ・プ」の神崎則子です。

今回のテーマは「免疫力アップ!酒粕と米粉の温かいおやつ」

風邪をひきやすく花粉症にも悩まされるこの季節、免疫力を高めて元気に過ごしたいですね。

ビタミン類やアミノ酸など栄養豊富な発酵食品“酒粕”は、日常的にとることで免疫力アップや美肌効果が期待できますが、つい料理がワンパターンになりがち。

いつも粕汁や粕漬けばかりでは飽きてしまいます。

そこで、今回は酒粕をふんだんに使ったホットドリンクとヘルシーおやつをご紹介。
これならきっと毎日楽しく続けられるはず。

それでは、さっそくレシピをご紹介します。

【酒粕・オ・レ】

[材料] 2人分
酒粕  30g
牛乳または成分無調整豆乳 350cc
塩 ふたつまみ
ハチミツ 大さじ1〜2
お好みでシナモンパウダー、ジンジャーパウダー、バニラエッセンス

[作り方]
1. 鍋に酒粕と牛乳または豆乳50cc(分量からとる)を入れ、泡立て器でたえず混ぜながら中火にかけ、なめらかな状態にする。そのまま1分ほど沸かし、アルコール分をとばす。


2. 残りの牛乳または豆乳を少しずつ加え混ぜてひと煮立ちさせ、塩を加えて出来上がり。

3. お好みでハチミツやスパイス、バニラエッセンスを加えていただきます。

酒粕の分量はお好みで加減してください。

アルコールが苦手な方は、作り方1で充分に沸騰させて下さい。それでもアルコール分が残る場合がありますのでご注意下さい。

以下は、酒粕・オ・レのバリエーションです。

【桜・オ・レ】
桜の花の塩漬け(水にさらして軽く塩を落とす)を浮かべて。
桜の花に塩気があるので、分量の塩は省いて下さい。



【小豆・オ・レ】
ハチミツの代わりに適量のあんこを加え、きな粉をふって混ぜながらいただきます。



【スパイス・オ・レ】
シナモン・ジンジャーパウダーを加えて。
酒粕特有のクセが和らぎます。冷え性の方にお勧めです。



次は、酒粕と米粉を使ったグルテンフリーのホットビスケットです。
酒粕・オ・レと一緒にどうぞ。

【酒粕と米粉のホットビスケット】

[材料] 10個分
★ 米粉 70g
★ 片栗粉 20g
★ ベーキングパウダー 5g
★ 塩 ふたつまみ
酒粕  50g
牛乳または成分無調整豆乳 40cc
きび砂糖 35g
EX.V.オリーブオイル 30g
くるみ 10g
レーズン 15g


[作り方]
1. ★印をあわせる(ふるわなくてもよい)。

2. 酒粕、牛乳または豆乳、きび砂糖をボウルに入れ、泡立て器でなめらかになるまで混ぜる。多少粒々が残っていてもOK。

3. 2にオリーブオイルを加えてさらによく混ぜ、刻んだくるみ、レーズンを加える。

4. 3に★を加え、ヘラに持ち替えてひと塊になるまで混ぜる。

使用する酒粕によって生地の固さに差がでるので、牛乳または豆乳の量で調整すること。少し柔らかめに仕上げるのがおすすめ。

5. 10等分し、油を薄くぬった手で優しく丸め、直径4〜5cm、厚さ1cmほどの円型にし、170℃に予熱したオーブンで15〜18分焼く。


6. 出来上がり!あつあつのうちにいただきます。冷めたらレンジで軽く温めて下さい。

外はさっくり、中はしっとり。やさしい甘さで朝ごはんにもお勧めです。


今回使った酒粕は、湘南唯一の酒蔵・茅ヶ崎の「熊澤醸造」のもの。

やはり品質のよいお酒から生まれる酒粕がお勧めです。

米粉はもちろん北鎌倉精米所「KOME公の有機米で作った米粉」です。

おいしい有機米をそのまま製粉した特上品。味にグッと差がでます。


この時期、季節や環境の変化でストレスや不安を抱えてる方も多いことと思います。

免疫力アップに役立つ手作りおやつとホットドリンクで温かくしてゆったりとお過ごし下さい。