内祝い・お祝い&普段使いのお米・玄米なら、暮らしと自然を豊かにするKITAKAMAKURASEIMAIJYO



■営業時間
平日 10:00-12:00 13:00-17:00
■休業日
土・日曜日、祝日

▶詳細

KITAKAMAKURASEIMAIJYO KITAKAMA88.LLC 994-10,YAMANOUCHI KAMAKURA-CITY,KANAGAWA,047-0062 JAPAN

合同会社 KITAKAMA88会社概要


北鎌倉にある、内祝い・お祝いのお米
マクロビオティック用の玄米
普段使いのお米屋さん
北鎌倉精米所(整米所)

ブログ内検索

「フレンチ×普段ごはん」vol.47 4月8日はおからの日・おからを食べよう!

こんにちは。
「フランス家庭料理教室アン・プチ・プ」の神崎則子です。

今回のテーマは「4月8日はおからの日・おからを食べよう!」

今年から4月8日は「おからの日」に制定されました。

おからはご存知のとおり、豆腐や豆乳を作るときに出る大豆の搾りかすです。

じつはこのおから、商品に活用されるのはごくわずか。
なんと大部分は産業廃棄物となり、廃棄にかかる費用はお豆腐屋さんが負担しています。

栄養豊富なおから、お金を払って捨てるなんて本当にもったいないです。

でも、私たちがおからを積極的に食べることで捨てる量が減らせます。
さらに、社会問題となっている食品ロス低減にも貢献できます。

最近は日持ちのする「おからパウダー」の種類も豊富になって、料理やお菓子作りに活用しやすくなりました。この機会にぜひお試し下さい。

さて、おからパウダーはメーカーによって粉末の大きさが異なります。

写真(上)の「キッコーマン」「みすずコーポレーション」、「旭松食品」は微細なパウダータイプ。
焼き菓子はもちろん、ヨーグルトやドリンクに加えるのもおすすめ。
手軽に食物繊維やたんぱく質の補給ができます。



写真(上)の「さとの雪食品」「おとうふ工房いしかわ」はサラサラの粗めタイプ。
クッキーやマフィン、パンケーキ生地に加えるとさっくり食感でボリュームアップ。
そのままサラダやスープにふりかけたり、おから煮やハンバーグなどの料理に使うのもおすすめです。

近年は食の洋食化でおからを食べる機会がすっかり減ってしまいました。
そこで今回は、おからに馴染みのない方でも気軽に楽しめる、おからの簡単おやつレシピをご紹介します。

まずは、粗めタイプのおからパウダーとKOME公の有機米で作った米粉で作るグルテンフリーのマフィンから。

【おからと米粉のプレーンマフィン】
(材 料) マフィン型5個分
KOME公の有機米で作った米粉 40g
★おからパウダー 15g
★ベーキングパウダー 3g
★塩 ひとつまみ
卵 1個
きび砂糖 45g
EX.V.オリーブオイル 20g
豆乳 70cc
バニラエッセンス 少々

(作り方)
1. ★印をあわせる(ふるわなくてよい)

2. ボウルに卵ときび砂糖を入れて泡立て器でよく混ぜ、EX.V.オリーブオイル、豆乳、バニラエッセンスの順に加え、さらに★印を加え、なめらかになるまでよく混ぜる。

3. マフィン型に8分目まで流し、180℃に予熱したオーブンで約15分焼く。

出来上がり!
おからパウダー入りヨーグルト(ヨーグルト100gにつきおからパウダー小さじ1が目安)を添えていただきます。

以下は、プレーンマフィンのアレンジレシピ2種です。

【アレンジ1・桜マフィン】
水洗いした桜の花の塩漬け3輪を刻んで生地に加えます。桜の花に塩気があるので分量の塩は省きます。
アイシング(粉砂糖30g・水3cc・食紅少々を混ぜる)と桜の花を飾って。


【アレンジ2・抹茶マフィン】
抹茶小さじ1と砕いたホワイトチョコレート20gを生地に加えます。
ホワイトチョコは焦げやすいので、トッピング用のチョコは焼き上がってから飾ります。


次は、微細なおからパウダーで作るドリンクレシピ。
なめらかに溶ける微細なパウダータイプは、豆乳・牛乳・ジュースなどいろんな飲み物やスープにそのまま溶かしていただけます。

ただし、加えすぎると粉っぽくなりますし、完全には溶けないので、混ぜながら飲まないとコップの底に溜まってしまいます。

そこで、おすすめは濃厚でとろみのある物とあわせること。以下にご紹介する2種のドリンクがイチオシです。

【おから豆乳バナナジュース】2人分
完熟バナナ 2本、豆乳 200cc、おからパウダー 大さじ1をミキサーで撹拌するだけ。
甘い完熟バナナなら砂糖は不要。
おからパウダーの量はお好みで加減してください。


【おからホットココア】2人分
ココア(無糖) 大さじ2、きび砂糖 大さじ2、水 大さじ1を鍋に入れて練り、牛乳 300ccを少しずつ加えてひと煮立ちさせ、おからパウダー小さじ2を加えて出来上がり。

火を通さずにそのまま使え、日持ちもするとっても便利なおからパウダー。
ぜひキッチンにいくつか常備して、ヘルシーな料理やお菓子作りにご活用ください。

今年の春は在宅時間が増えますが、ストレス溜めずに乗り切りましょう。

簡単でヘルシーなおからパウダーの手作りおやつで、おうち時間をゆったりとお過ごしください。