内祝い・お祝い&普段使いのお米・玄米なら、暮らしと自然を豊かにするKITAKAMAKURASEIMAIJYO


■営業時間
平日 10:00-12:00 13:00-17:00
■休業日
土・日曜日、祝日

▶詳細

KITAKAMAKURASEIMAIJYO KITAKAMA88.LLC 994-10,YAMANOUCHI KAMAKURA-CITY,KANAGAWA,047-0062 JAPAN

合同会社 KITAKAMA88会社概要


北鎌倉にある、内祝い・お祝いのお米
マクロビオティック用の玄米
普段使いのお米屋さん
北鎌倉精米所(整米所)

ブログ内検索

小さくかわいい雛ちらし寿司


もうすぐ桃の節句、ひな祭りです。

ひな祭りに飾る3色の菱餅は
緑=大地、白=雪、ピンク=桃 を意味し
「雪が溶けて 大地に草が芽生え 桃の花が咲く」
​という春の訪れを表しているそうです。

確かにお雛様を飾る雨水の頃には毎年雪が降りますが
そのあとぐっと気温があがったり
また寒くなったりを繰り返しながらも
春がどんどん近づいてゆくのを感じます。

さて、ひな祭りにいただく食べ物といえば
雛あられや菱餅、白酒などがありますが
その中でもちらし寿司と蛤のお吸い物は
毎年我が家でも必ず登場するメニューです。

今回はちらし寿司のレシピを、というよりも
盛りつけアレンジのご紹介です。


ひな祭りの「雛」という言葉には
「小さい」とか「愛らしい」という意味があるので
小さくてかわいいケーキみたいな雛ちらし寿司にしました。




小さめのセルクル型(直径5センチくらい)を用意します。
ご飯が抜けやすいように内側を水で濡らしラップの上に置きます。
セルクル型がなければココット型や
ちょうど良い大きさの器でも大丈夫です。



五目ご飯を詰めます。
​ゆるいと型から抜けにくかったり、崩れたりするので
スプーンでぎゅぎゅっとしっかり端の方まで押します。



型を持ち上げスプーンでごはんの周りを上から押しながら
型からごはんを外します。
器などを使った場合は逆さにして型から抜いてください。


あとは、歌うようにデコレーションを楽しみます!!








ごま〜
桜田麩〜
れんこんの酢漬け〜
錦糸卵〜
いくら〜
絹さや〜
チャービル〜



出来ました!




ごはんを菱餅風の緑、白、ピンクにして順番に詰めても。



厚焼き卵を星型に抜いて子供が喜びそうな感じに。




いつもと同じちらし寿司でも目先が変わるだけでわくわくします。

家族やお友達が「わー!」と喜ぶ顔を思い浮かべながら作るのはもちろんのこと
みんなでデコレーションしてみるのもきっと楽しいと思います。


春の日差しのようなあたたかい笑顔で溢れたひな祭りとなりますように。



*今日のお米は新しい品種「山形95号」です!どんな食べ方にも合いそうなオールマイティーなおいしさ!!



                   by ミドリ



季節毎のブログまとめページはこちらをご覧ください!

内祝い・お祝い&お米ギフトなら有機・特別栽培米専門店、暮らしと自然を豊かにするKITAKAMAKURASEIMAIJYO